2015年4月8日水曜日

武道学講習「試合とゲームは、異質」 講師:近田尚云斎

日本語で云うところの「試合」とは、弟子を向上させるために師が相手をしたものでサッカーや野球でのゲームとは、異質であった。相撲などでも、「立合」「試合」と称したが武道での「立合」とは、相手の命を奪うものであった。

0 件のコメント:

コメントを投稿