2009年11月30日月曜日

2009年度の(社)障害者武道協会執行部会が国士舘大学で開催されました。

(社)障害者武道協会役員会 国士舘大学武道徳育研究所参加者 中島たけし代表理事 松井完太郎副代表理事 大橋千秋副代表理事 小林正季事務局長 ポントスジョハンソン(スェーデン)ホセルイスオチョア(チリ)
 一般社団法人障害者武道協会の執行部会が平成21年11月29日に国士舘大学武徳研究所で開かれました。今回の議題は、1号議案 2010年度国際武道協会との事業計画案:障害者スポーツ指導者スェーデン派遣事業2月8日~2月15日 ノルボッテン県ルレオ市ほか。小林事務局長より笹川スポーツ財団より補助金の交付が決定した報告がありました。
2号議案 ヨーロッパ障害者武道協会設立と進捗状況と来年度の事業計画について。2010年8月に日本訪問と10月に日本側のナバレ訪問について。
3号議案 幼児教育事業への提案(小林事務局長)幼児教育に武道を~幼児教育から日本再生。障害者を作らない指導。
4号議案 助成金の進捗状況報告、会員の拡大策の検討、スェーデンからの日本側との協力依頼と提案。

2009年11月29日日曜日

岩手の紫波郡の矢巾町柔剣道場で昇級審査! 旗の訓え。


岩手県紫波郡矢巾町柔剣道場で東北拳法会の昇級審査が行われた。この写真の背景にある旗に注目!真、義の文字、少し見えないが「義を以って真を貫く」であろう文字も見える。通常は、強そうな言葉を旗印にするが「義」「真」も旗印から子供達への教育理念がよく分かる。 東北拳法会 問合せ053-439-0909
拳法會 東北本部(岩手支部)2009年秋季昇級 審査結果 合格者

准初拳士:阿部 寛之 4級:西田 緋香里 佐々木 凛花 5級:高橋 一成

親子の幼児塾 二歳のタイちゃんも参加!可美拳法会 

タイちゃんは、いつも道場に来て(稽古)遊んでいる! 道場では、大きな声で「檄」が飛びまくっているが平然としている。年少さんになると道着を着て本格的に二時間半の厳しく楽しい稽古に参加している。時々、泣き出したり!遊戯室でおもちゃと稽古することもある。ココには、親子で学ぶ現在の日本にないものがある。「檄」と言っているが怒鳴られているようなもので、「こうやって殴るのだ!」と言われてゲンコツが飛ぶ!「体罰=愛のムチ?」愛にムチなんかあるのかと思うこともあるが? この事は、別として、ココには、節度と礼節がある。
 履物は、整理され!小さな子が些細なことでも変な動きがあれば、稽古は、休憩(他の選手は、苦しい稽古の休憩は、うれしい!)して、指導員は、「どうしたのと」かけよる。
 ところが、上級になれば、指導員は、豹変する。昨日の稽古でも、ライバル対決 池ノ谷VS合原(弟)をがっちり鍛えられた。中村友哉、合原聖馬(兄)、池ノ谷、小杉レミトは、格上の大きな選手にあてられ鍛え上げられる。こんな激しい稽古だが、けが障害を防止するため柔軟や逆立ち、ローリングなどあらゆるバランス感覚を養っている。この姿を見て幼児は、育つ。 浜松可美拳法会 毎週土曜日6:30~浜松可美総合センター 053-439-0909

静岡県浜松地区後期昇級審査 可美総合センター


浜松市の可美総合センターで静岡県浜松地区後期昇級審査が行われました。この日は、東北地区の昇段昇級審査でもありました。 

 この地区の審査会場で、

1.履物の乱れは、ないか? 2.持ち物の整理整頓は? 3.後ろで控えているときの姿勢は? 4.道場への出入りの礼は? 

 と「姿勢」を見てみました。

「さすがは、拳法会」といわれることだけの事は、ありましたが更に「姿勢の錬磨」をしてもらいたいと感じました。 技の審査の合否も大切ですが「道場での姿勢」を見てやっていただきたいと思います。
  2009年最後の審査は、12月20日の名古屋地区です。みなさん!「姿勢を示してください」
     武道に興味をもったら拳法会 053-439-0909

2009年11月27日金曜日

浜松市の神久呂道場は、幼年部の幼児武徳教育に力を入れています。

浜松市の神久呂道場は、幼年部にも力を入れようと考えている。神久呂の幼年部は、元気な子が多くサッカー大好きでサッカー部にも所属している子が沢山います。みんな、楽しく稽古しています。この道場特色は、他の道場とは、異なり拳法第一としていない和気藹々としたのが特色です。他の道場では、中学生も学校に父兄が拳法が出来るようにとの条件を了解し部活に入っています。生涯武道を目指しているわけです。また、学校によっては、週3回以上のクラブであれば、部活同様としています。 幼児の武徳普及を目指していますが今日も33歳の男性の入会者が来ました。幅広い生涯武道の神久呂拳法会へ気軽に身に来てください。
                           連絡先053-439-0909(NPO法人内)

2009年11月26日木曜日

幼児の武道教育に力を入れる。三方原、笠井武道教室!拳法会三方原道場!


幼児の武道教育こと大切!浜松の三方原神社の中にある集会場の武道教室、毎週水曜日19:00~21:00だが拳法の強さだけではなく。人としての基礎も学んでいる。また、希望すれば、毎日、学ぶことが出来る。この動画に登場する子ども達は、年少、年中の幼児のころから稽古している。今いる幼児も教えることなくお兄ちゃんの後姿を見て同じ事が出来る。勉強や学ぶことも同じで先輩おにいちゃんが学校での在り方を教えている。

  是非、一度、のぞいて見て下さい。 「五常」に学ぶ!子供たちの姿に感動します。

但し、よい子を育てるには、お父さん、お母さんの支援が必要なこともお忘れなく! 三方原・笠井武道教室 連絡先053-439-0909 (NPO法人内)

  五常=仁・義・礼・智・信

☆柔軟な体、バランスのよい体を育てることは、障害を防ぎます。剣道の踏み込みは、成長期にどのような影響を与えるか!野球肩や!サッカーなどの腰の障害!など要因防止をしなくてはなりません。原因は、子供にありません。無知な指導者、親にあります。

2009年11月25日水曜日

ボクシングの打撃(パンチ)の基本を学ぼう! 国際武道大学の井下佳織先生が動画モデル!見てみよう。


第12回武徳杯拳法優勝大会(12月2日静岡県浜松市可美総合センター12th Butoku Cup Kenpo Team Competition(2009 December 2)が近づいてきました。この大会でも正拳による打撃が勝敗の要になります。国際武道大の井下先生がモデルのボクシングの動画をWebで発見しました。豊嶋先生が講師でまとめられたものです。是非、皆さんも見て研究してください。


 運足と足の鍛え方は、以下


尚、井下先生、Webを勝手に紹介していますがお許しを! 大橋千秋

2009年11月24日火曜日

2009年11月22日日曜日

盛岡矢巾道場!空手、拳法武道に興味を持ったら!ストーブが入りました。

岩手県の東北拳法会の稽古、盛岡矢巾道場!空手、拳法武道に興味を持ったら是非、ご連絡ください!ついに道場にストーブが入りました。 全日本拳法会本部連絡053-439-0909

空手や武道に興味があり入門 浜松可美拳法会! 幼児武道教育の重要性

幼児期の武道教育の重要性は、計り知ることが出来ないくらいである。本日の浜松可美総合センター(毎週土曜日18:30~21:00)の稽古のときお母さんが学校で良い子を育てるコツ!「1.靴をそろえる。2.大きな声で挨拶が出来る。」と言われましたと教えてくれた。稽古が終わった後でまた、他のお母さんが「学校で良い子を育てる父兄の集まりがあった。しかし、父兄のスリッパの乱れていること!拳法会の道場とは、異なる」とまた話があった。
 幼児は、決して幼稚ではない!何故なら、周りを良く見て己を正し成長進化させている。拳法会の稽古は、激しく厳しい。6時半~8時までの稽古で終わる者もいる。しかし、幼児であっても9時まで頑張りぬく!この稽古の姿を見たら「幼稚園児」などと決して言えない。その姿に尊敬の心さえ持つ! 
「くじけない心」に感動すら覚える! 三歳~五歳の子を尊敬すること間違いない!
       浜松可美拳法会 毎週土曜日18:00~21:00 可美公演総合センター 会員募集中
 会費 幼年部¥1000/月  詳しくは、ココ!

2009年11月19日木曜日

浜松神久呂拳法会 6年の先輩が修学旅行!


浜松市の神久呂拳法会の6年の先輩が修学旅行で東京へ行ってきた。お土産は、「人形焼き」 神久呂の6年の先輩達は、強いが優しい!!神久呂拳法会は、第12回武徳杯拳法優勝大会の優勝を目指す! 会員募集中 毎週木曜日19:00~ 神久呂公民館 053-439-0909

2009年11月17日火曜日

拳法会昇段審査 二段に挑む! Challenge! Shyodan Shinsa 2 Dan

 The introduction of the 2Dan Randori examination. Motodachi leads an examinee.
静岡県浜松地区での二段の昇段審査「乱取り」を紹介します。基本形、護身術、試割、筆記などが行われ最後の試験が乱取りになります。今回は、元立ち2名も学生時代剣道部で先輩、後輩の仲で全員が剣道三段の若手です。無制限の2人掛けで、元立ちもよく受験者の心技を引き立てています。
 1人目は、受験者は、正拳(パンチ)による打撃にこだわり、2人目は、元立ちが寝技で引き立てているのが理解できる。 元立ちの「引き立てる」慈愛が感じられる。 

  会員募集中  053-439-0909(NPO法人内)

人の縁と言う輪(和)を失うと灯台を失った船のように愚かな人間は、迷っていることすら気づかない。



ヨーロッパに柔道を広めた人の一人に道上伯先生がいます。わたしは、ヨーロッパの柔道のホセ先生のお宅の食事会に招かれ一枚の写真を見つけました。ホセ柔道師範が持っている写真の左が故道上伯先生、右がホセさんです。
 その、道上伯の先生が村井正直先生のお父さん(嘉納治五郎の愛弟子)です。私は、今年の7月に、この事を国士館大学教授の中島豸木(Takeshi Nakajima)先生に連れられ京都に伺ったおり、村井正直先生との会話の中で知りました。
  http://kenpokaioshie.blogspot.com/2009/07/blog-post.html

 私は、ヨーロッパのスペインでも人間は、人がこの世に誕生してからの縁と言う輪(和)でつながっている事を深く認識させられました。 人は、この縁を「自己の面目や利、愚かさで「」で捨ててしまいます。この縁を失うと道に迷ったとき道路標識がないのと同じ状態になり、抜け出すことができなくなります。また、愚かな人間は、迷っていることすら気づかなくなります。人生の道路標識や灯台を大切にしたいものです。            

   世界拳法会連盟 大橋千秋
                                       

2009年11月14日土曜日

お母さんの出来たてケーキパンの差入!浜松可美拳法会の楽しみ!


浜松の可美拳法会は、厳しい稽古だけじゃない!団体戦・第12回武徳杯拳法優勝大会が12月にあるので今日も6時半から9時までボコボコに殴り合い、投げ、寝技の稽古をした。今日は、脱落者も出ずに全員最後まで頑張りとおした。そう言えば、最後に竜生くんが上段のパンチをのどに受けひっくり返ったぐらいで2時間半を休憩なしで頑張った。今日は、稽古の後のお楽しみ・・・!があった!
 お母さん選手がおいしい、フカフカのケーキパンを作ってきてくれた! ジュースを飲みながらみんなでThank you very very much! Osu!
  会員募集中!
浜松可美拳法会(毎週土曜日PM6:30~9:00 可美総合センター) 月会費 幼年部¥1000- 生徒学生¥2000- 一般¥3000-
  

2009年11月13日金曜日

ペルー(Peru)のエリザベス  浜松の可美総合センターでの昇段審査で見せた礼徳!拳法会 


エリザベス(ペルーPeru)は、乱取りの審査の相手であった。西村二段のもとに駆け寄り、正座をして深々と感謝の礼をとった。これは、静岡県浜松市可美総合センターでの昇段審査で見せた日系二世である彼女の礼徳である。日ごろ、武道とは、言え、「女性は、女性らしく!」「言葉使いも気をつけ、徳ある姿勢を!」とうるさい拳法会。女性指導員にもこのことは、徹底し、ややもすると思わず出る乱暴な言葉使いを自粛している。日系二世の大和撫子の血は、脈々と流れている。先ず、感謝し不満を言わない。学ぶところ大である。
拳法会の教育理念は、「武道・拳法会の訓え」ココを、クリック!

可美拳法会 会員募集中! 053-439-0909(NPO法人内) 

2009年11月9日月曜日

拳法会矢巾道場の可愛い子たち! 岩手県盛岡


岩手県盛岡の拳法会矢巾道場の可愛い子たち!この子ども達も今年、昇級審査に挑戦します。みんな頑張って昇級してください。
 本部連絡先053-439-0909
11月8日に静岡でも昇級審査がありました。みなさより少し上の小学生(3年・4年)の生徒も受験しました。この子達は、三方原特錬生(特別練習生)で打撃も投げも寝技も大好きな子ども達です。皆さんもすぐにこの様になります。先生の言うことを聞いて、この先輩達を目指してください。
 技を一つ一つ覚える事は、楽しいことです。 

2009年11月8日日曜日

2009後期昇段審査(浜松地区)が11/8に行われました。


2009後期昇段審査(浜松地区)が可美総合センターで11月8日に行われました。今回の審査は、近田孝夫審査員は、ひじょうに質の高い選手のみなさんの稽古の結果を見せてもらった。欲を言えば柔法や形は、流れのみを演武するのでなく真剣に相手を倒す気持ちを表し、実際に倒すようにしてもらいたいと述べた。以後の昇段昇級審査は、 11月28日:浜松地区昇級審査 12月中:名古屋地区昇段昇級審査 11月末:東北地区昇段昇級審査 と各地区で行われる。

2009年11月2日月曜日

2009スペイン国際拳法選手権(10月17日・マドリッド)      ヨーロッパ選手権大会2009Europe Kenpo Championship in Madrie

                 選手権大会の入賞者達!
10月17日に開催の2009スペイン国際拳法選手権大会でハビエル・マルチネス選手がシュワイツ・アストローザ選手を下し優勝しました。
  〇ジュニアJUNIOR
         1優勝: JON ANDER RODRIGUEZ 2準優勝: ALAIN ISASA  3第三位: IZEI GUILLENEA
  〇女子WOMAN
         優  勝: SILVIA RODRIGUEZ     準優勝: NAIARA BENITEZ 第三位:RAKEL ORDOKI
  〇一般SENIOR
        優  勝: ZUHAITZ ASTARLOZA 準優勝: HARITZ HERMOSO 第三位: JAVIER MARTINEZ
  〇ヨーロッパ選手権EUROPE CHAMPIONSHIP
        優  勝: JAVIER MARTINEZ(ハビエル・マルチネス)
        準優勝: ZUHAITZ ASTARLOZA(シュワイツ・アストローザ)
        第三位: ALAIN ISASA(アライン・イササ)

2009年11月1日日曜日

武道必修化で徳育が学べるか? 履物の乱れの放置!


昨日、稽古のときに履物が乱れていると知らされ見に行った。第33回大会などでも写真家の川嶋正芳氏から厳しく武徳の低下につき指摘を受けた。 

 「履物の乱れは、心の乱れなり」これは、PL学園から母校の大学にきた同輩の関本雄気満君(現在、PLで先生?とか言っていたが)の口癖であった。この言葉を常に生徒に話していた私は、この乱れを見て落胆した。拳法会の道場でこんなことがあるとは? 国士舘大学の中島豸木教授(柔道)なども武道の必修化を叫んでいたが、今までの指導は、なんなんだろう?と落ち込んだ。

 するとお母さんの一人が「先生!アレは、拳法会でありませんよ!拳法会は、キチンと整理してあります。わたしも乱れているところは、直してきました!」と言われた。再度、行って見ると拳法会は、下駄箱に収まり残っていた履物は、整理してあった。散乱していたのは、となりの空手道教室のものであった。先ずは、安心をしたが、さらに悲しい気持ちになった。拳法会のお母さん達が乱れた履物を整理しているのを見てもその空手教室の父兄は、知らないふりで最後まで散乱したままであった。 「武道の必修化は、本当に子供達の礼徳教育に貢献できるのだろうか?実施は、したが成果があがらず武道は、徳育に貢献できないとならないだろうか・・・」と不安を覚えた。 「勝負をば、常の稽古と思いなせ!勝負は、常の稽古なるべし!」これも関本君がよく言っていた。 履物の整頓や清掃が己を磨くことを肝に銘じなくてはならない。さて、余談だが関本君は、立派な選手で私は、三流の選手でしたがこのような言葉を教えてくれた同輩がいたことに今でも感謝しています。

                 世界拳法会連盟 大橋千秋
拳法会の教育理念は、「武道・拳法会の訓え」ココを、クリック!

タイ国 「祈る美しさ!」  高橋一郎師範とおもう!


It is the most beautiful to pray for a person. From the Thai country.

タイを訪れるたびに美しいものを見る。大東流柔術の高橋一郎師範とふと、冨田常次郎の柔道小説「姿三四郎(西郷四郎)」の一説を語らう。姿と警視庁武術世話係りの座をかけ勝負をする村井半助の娘が一心に父の勝利を神社で祈るのを見た三四郎と師の矢野!

矢野は、弟子の三四郎に「姿、今日は、美しくよいものを見たな!祈る姿にまさる美しいものは、ない」と語りかける一説である。その娘の父親と後に宿命の対決をするとは、全く知らない三四郎であった。

 この光景を見た高橋師範と私達は、心を打たれた。

 わたしたちは、拳法会という武道を媒介とし異なる国々や人々に会い、多くのことを学べることを感謝しなくては、ならない。また、このことを少しでも子供達や若者に継承してもらいたいと願った。
   全日本拳法会 053-439-0909 生徒募集中!
拳法会の教育理念は、「武道・拳法会の訓え」ココを、クリック!