2013年2月28日木曜日

確かに義務教育では、「部活動の横暴」と言われてもしようがない!

「部活のあり方!考え直して」部活大好きで部活で稽古するために学校へ通った!!「部活で育った」と言って過言でない。それと我々の時代は、こんなに長く練習もしなかったし、試合も少なかった。しかし、生徒のお父さんやお母さんに聞くと、この頃、小中学校の義務教育には、部活動は、不要でないかと思い始めてきた。国士舘大の中島教授は、タコ部屋(合宿寮)を無くせば、少しは、改善されると言ったがお母さんたちから聞くと相当に我々の時と比べ、練習時間は、長く!試合も多い!更にケガや暴行も思ったより多い。(非行も!更に部活で非行防止などと考えているようだ。)  ヨーロッパや多くの外国には、部活もなければ、暴行もない。部活制でなくクラブ制のためだ。暴行したクラブには、会員は、来ない!!。義務教育の部活は、廃止か?否か?悩む!!選任という声もあるが!教育的強制力が少しでも働けば、同じ事だ???困った!!困った!! There is Bukatsu in an elementary school of Japan, the junior high school. Bukatsu is to play sports systematically until another 7:00 p.m. when a class was over. It was the preparatory education of the armed forces in old days. It becomes the problem now in Japan because violence is taking place. In the world, does compulsory education include Bukatsu?
   参考資料「部活動の横暴」とまで言われると言葉がない!!
 

0 件のコメント:

コメントを投稿