2014年10月2日木曜日

「現代武道の医療、教育、福祉への活法効果」 

「現代武道の医療、教育、福祉への活法効果」 
             (第45回日本武道学会東京農工大)
戦場における武術は、総合武術であり「当身(打撃)技」が盛んに行われてきた。当身の効果を引き出すために経絡・経穴の「急所研究が盛んに行われてきた。
    写真は、第46回日本武道学会 福山大・障害者武道専門部会 久保山先生(日体大)

0 件のコメント:

コメントを投稿