2010年3月24日水曜日

中学になると部活で拳法が出来なくなる。その中でがんばる中学生!選択に変化!自分を活かすものへ!

日本の部活動は、地域クラブスポーツに影響を与えている。とてもヨーロッパでは、考えられないことである。しかし、その中で稽古をつづけ世界に名をなす選手も多くいる。この選手も柔道部に所属しレギュラーの座を確保し優勝を狙う選手であるが週3回の拳法会の夜の稽古に参加している。2007世界チャンピオンの大橋忠幸も中学高校は、剣道部の主将とし活躍し優勝の経験もある大学は、ボクシングに打ち込んでいる。 大橋正康も大学では、剣道部主将、フルコンタクト空手部副将をつとめ現役中の中村、板橋、青島など地域クラブ教育と両立させている。大きくスポーツ教育のあり方に変化が現れている。

0 件のコメント:

コメントを投稿