2018年4月20日金曜日

メダルを噛む!真剣勝負で神仏の加護で倒しただけの相手に「敬意を逸する」行いは、できない。 武徳を訓える拳法会 中日新聞五輪の書

もしこの記事の左端にあるように日本スポーツの源流が「武士道精神」にあるのならば、「メダルを噛んで」喜ぶなど雌雄を決した者に敬意がない。
真剣勝負で神仏の加護で倒しただけの相手に「敬意を逸する」行いは、できない。
 また、明日は、我が身である事を武士道を修めた武士は、心に刻んでいる。
決して「敗者への哀れみ」なのではない!




0 件のコメント:

コメントを投稿