2019年2月22日金曜日

浜松伊佐見武道教室拳法会 「武道は、平和の道」 伊佐見協働センターホール 毎週木曜日19:00~

「武道は、平和の道」 2月17日に台湾の研修会から帰って来ました。
  私たち日本の武道家として考えねばならない事!!張さんと朱さんと話し合いました。
中華民国と言う言葉は、台湾の人を傷つけていないか?
   *********
 「台湾の外省人と内省人」 蒋介石の国民党が共産軍に追われ中国から台湾に連れてきた人を外省人と言うのだそうです。
 この蒋介石の国民党が2.28事件で内省人(昔から台湾に原住の人)を3万人虐殺した事が明らかになった。それも、先生やお医者さんなど知識人だそうです。
  張さんや朱さんの話では、「いずれ蒋介石の像も壊すという事だそうです❗️法律でも決まったと話していました?」 
 台湾国旗は、『中国国民党の旗!』 『中華民國=台湾では、ない』といっていました。
 「日華親善なのか日台親善なのか?」
  私たちは、よくよく考えねば、ならないのかもしれない。  
わたしは、とにもかくにも平和で仲良く幸せに暮らせるのが一番!そこに武道は、貢献できると考えています。
 「武道は、平和の道」でなくては、ならないと思います。
                 世界拳法会連盟会長 大橋千秋

         
2.28事件 私は台湾人です!必ず日本が助けに来てくれる!

皆さんは、文武両道に励み「英語やスペイン語」など世界共通語を学び知識情報を正しく伝承できる能力を身に付けましょう。
 そして、強くなりましょう。「智と力は、命の両輪です。」
  会員募集中!053-439-0909(NPO法人CC内)








0 件のコメント:

コメントを投稿