2019年4月4日木曜日

三方原武道教室 華道・茶道でも作法・形を大切にして自分の思いなど加える隙も余地もなく一心不乱に形の修得に励みます。

昨日、道場の窓から外を覗くと!桜が!  みんなで咲き乱れ「百花繚乱」。
 「形」も素晴らしい!
そこで生徒たちに皆さんは、剣道、武道を何の為に学んでいますか? 
  強くなり勝つため???
  七段、八段の称号を得るため?  
剣道武道には、「形」があります。何のために「形」の稽古をするのですか?
  昇段昇級審査に合格するため?   
日本人は、「形」「道」を大切にします。
 華道・茶道でも作法・形を大切にして自分の思いなど加える隙も余地もなく一心不乱に形の修得に励みます。 どんなに社会が変ろうとも「やっては、いけない事は、いけないのです。」
 「長幼の序」後輩を侮らず!長上を敬い!父母を尊ぶことは、日本人のみが持つ「形」です。
 と、私なりの気持ちを弟子に伝えましたがさてみなさんの答えは、どうでしょうか???


 




0 件のコメント:

コメントを投稿