2011年7月4日月曜日

南アジア平和維持軍の拳法会Fatta教官とNabraj秘書官が指導技術向上の為、浜松を訪問。





南アジア平和維持軍の拳法会Fatta教官とNabraj秘書官が維持軍の戦闘技術向上と指揮技術向上の為、浜松に訪れ稽古中です。(7月2日から8日まで!) 拳法会大橋千秋師範は、陸軍戸山学校の戦技、戸山流居合道と高橋一郎先生の合気道の技術を国連平和維持軍の士官へ引き継がせたいと考えています。


PS:女子指導員は、日本の黒帯に失礼の無いように黄色帯をしめて稽古に参加。













0 件のコメント:

コメントを投稿

日本武道学会第57回大会 九州産業大学 9/21-9/22 理事会・評議委員会9月20日

日本武道学会第57回大会 九州産業大学 9/21-9/22 理事会・評議委員会9月20日